BootCampでWindows10となったUSキーボードのMacの左右commandキーでかな英数を切り替える(インストール不要のAutoHotkey使用)

Mac

ダサいシールを貼っております。

MacBook Air late2018を使っていますが、Windowsも使いたいので最近Windows10をBootCampでインストールしました。

USキーボードなので、スペースキーの横はかなキー、英数キーではなくcommandキーが2つです。

そこで問題になるのが、かな英数変換。

macOSとして使う場合は、Karabinerを使って左右commandキーでかな英数変換をしています。

関連記事は以下、よければご覧ください(^o^)

で、Windowsとして使う場合も同じように左右commandキーでかな英数変換ができるようにしました。

環境

  • MacBook Air late2018(BootCamp Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2))
  • USキーボード
  • google日本語入力 2.25.3700.0
  • AutoHotkey 1.1.33.02(July 17, 2020)

実現する方法

もう上に書いちゃってますが、今回もAutoHotkeyを使って実現します。

一発でやってくれるソフトとかあるかもしれないですけど、調べる前にAutoHotkeyでやっちゃいました笑

問題点

紹介する方法(というかプログラム)では問題点があります。

Windowsキーが使えなくなります。

左右のcommandキーはBootCampではWindowsキーとして認識しています。

このため、commandキーを別キーに割り当ててしまうためWindowsキーとして認識しなくなるわけです。

私は、Windowsキーを使わないと割り切ったので、良しとしました(Win + Eで新しいエクスプローラを開くショートカットが使えなくなるのは惜しかったな・・・)

手順概要

2ステップで行います。

  1. 左commandキーを無変換キー、右commandキーを変換キーに割り当てる(AutoHotkeyを使用)
  2. 無変換キーをIMEオフ(英数)、変換キーをIMEオン(かな)に割り当てる(google日本語入力の設定画面で行う)

ステップ1

まず、AutoHotkeyを入手し、使える状態にします。

以下の記事にAutoHotkeyの導入から使い方を書いてあるので、参考になるかと思います。

プログラムは以下です。

テキストエディタにコピペしてください。

;2020/11/22
;Macbook Air US-keyboard
;問題点 : Windowsキーが使えなくなる

#InstallKeybdHook
#USEHOOK

sc15b Up::Send,{vk1D} ; 左commandキー(LWinキー) → 無変換キー
sc15c Up::Send,{vk1C} ; 右commandキー(RWinキー) → 変換キー
;vk5b Up::Send,{vk1D} ;これでもOK
;vk5c Up::Send,{vk1C} ;これでもOK
#USEHOOK off

;sc15b vk5b LWin : 左commandキー(左Windowsキーとして認識している)
;sc15c vk5c RWin : 右commandキー(右Windowsキーとして認識している)
;vk1D : 無変換キー
;vk1C : 変換キー
; ";"はコメントです。

MacBookAir_US.ahk として保存します。(.ahkの拡張子をちゃんとつければ、名前は何でもいいです。私はこの名前にしました)

ステップ2

ステップ1が済めば、Windowsのキーボードになったようなものなので、google日本語入力の設定をします。

以下記事をご覧いただき、設定してください。

キーを調べる方法

こちらの記事で紹介しています(^o^)

だいたい、どのキーでも調べられます。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました