Macを売る前のやることリスト

Mac

長く使ったMacbook Pro late2011には勇退してもらい、新入りとしてMacbook Air late2018に来てもらいました!

Proは故障もなく、まだまだ現役ですが、別のユーザーさんの元で第二の人生?PC生?を送ってもらいたいと思います^_^

と言うわけで、Macを売却する前にやるべきことをまとめました。

なお、以下は新しいMacへのデータ転送は考えていないので、現Macのバックアップは行なっていません!

ですので、現Macから新Macへデータを転送したい方は現MacのバックアップをTimemachineを用いてとり、新Macで復元して下さい^_^

iTunes からサインアウトする(認証解除)

iTunesの認証を解除します。

まず、iTunesを開きます。

次に、上部のメニューバーから「アカウント」→「認証」→「このコンピュータの認証を解除」をクリックします。

Apple IDとパスワードを入力します。

入力したら、「認証を解除」をクリックします。

認証が解除されると、以下のように正常に解除された旨の表示がでます。

これで「iTunesからサインアウトする(認証解除)」は完了です。

ですが、一応ちゃんと認証解除されたかどうか確認してみます。

上記と同様に「このコンピュータの認証を解除」をクリックしてみます。Apple IDのパスワードを入力しますと、以下のように「このコンピュータは認証されていません。」と表示されました。これでちゃんと認証解除されたことが確認できました。

Macを探すをオフにする

「Macを探す」をオフにします。

これをやっておかないと、新しいユーザさんが初期化したMacを使う際に、私(前ユーザ)のApple IDとパスワードを求められ、先に進めなくなってしまいます。

システム環境設定を開きます。

「iCloud」をクリックします。

下にスクロールすると、一番下に 「Macを探す」 がありますので、チェックボックスをクリックしてオフにします。

これで「Macを探すをオフにする」は完了です。

iCloudからサインアウトする

先ほどのiCloudの画面から、「サインアウト」をクリックします。

このMacの中にiCloudのデータを残すか聞かれます。

ここでの例では連絡先とリマインダーです。

あとで、初期化するのでデータが消えるので問題ないのですが、このMacにはデータを残す必要は無いので、ここで2箇所のチェックを外します(つまりデータを残さない)。「続ける」をクリックします。

iCloudから正常にサインアウトされると、iCloudのサインイン画面が表示されます。

これで「iCloudからサインアウトする」は完了です。

インターネットアカウントの削除

このMacに登録してあるインターネットアカウントも削除しましょう。

インターネットアカウントとは、例えば、メールやカレンダーの同期に使用しているGoogleアカウントなどです。

iCloudの右隣の「インターネットアカウント」をクリックします。

登録されたアカウントが一覧で表示されますが、削除するアカウントを選んだら、「ー」をクリックします。

「アカウント******を削除してもよろしいですか?」と表示されますので、「OK」をクリックすると削除ができます。

同じ動作を繰り返して、すべてのアカウントを削除します。

全部削除できれば、「アカウントなし」と表示されます。

これで「インターネットアカウントの削除」は完了です。

iMessageからサインアウトする

「メッセージ」をクリックして開きます。

メニューバーから「メッセージ」→「環境設定」の順でクリックします。

「アカウント」をクリックし、登録されたアカウントをクリック、そして「サインアウト」をクリックして、サインアウトをします。

「iMessageからサインアウトしますか?」と確認がありますので、「サインアウト」をクリックします。

正常にサインアウトできれば、一旦メッセージAppを閉じて、再度開くとiMessageのサインイン画面が表示されます。

これでサインアウトできました。

「iMessageからサインアウトする」は完了です。

登録したBluetoothデバイスの登録を解除する

「システム環境設定」を開きます。

「Bluetooth」をクリックします。

登録されたBluetoothデバイスが表示されます。

Bluetoothデバイスの部分にマウスカーソルをあてると、「×」が表示されますのでクリックします。

「削除」をクリックします。

複数登録があれば、同じ作業を繰り返します。

すべての削除が完了したら、「登録したBluetoothデバイスの登録を解除する」は完了です。

ディスクの消去

上記までで、設定等の解除作業が終わりましたので、次はストレージ内のデータ消去を行います。

ディスクの消去は、macOSユーティリティーで行いますので、まず、以下の方法でmacOSユーティリティーを開きます。

macOSユーティリティーを開く

  1. Macを再起動します
  2. 再起動し、リンゴマーク🍎が出ている間、command(⌘) + Rキーを押しっぱなしにします
  3. macOSユーティリティーが開きます

command(⌘) + R について

command(⌘) + R で、macOSユーティリティーが開き、ディスクの削除やmacOSの再インストールができますが、キーの組み合わせが複数あり、再インストールできるmacOSが変化しますので、ここで紹介します(^ ^)

Appleの公式に記載があります。

macOS 復元から macOS を再インストールする方法
macOS 復元を使って、内蔵ドライブや外付けのドライブに Mac オペレーティングシステムを再インストールする方法をご案内します。
KOU
KOU

これらはインターネット接続が必要なので、Wi-Fi環境は準備しておいてください

  1. command(⌘) + R(推奨)
    • 購入時に入っていたmacOSがインストールできる方法です
    • つまり、古いMacなら、かなり前のバージョンのmacOSがインストールされることになります
    • 通常は、この操作がAppleから推奨されています。
  2. option + ⌘ + R
    • Macと互換性のある最新バージョンのmacOSがインストールできます
    • 2019/09/16現在であれば、macOS Mojaveがインストールできます(互換性のある機種なら)
  3. shift + option + ⌘ + R
    • これは、macOS Sierra 10.12.4 をインストールしたことがある場合限定です
    • Mac に当初付属していた macOS、またはそのバージョンに一番近い、現在も利用可能なバージョンがアップデートを含めてインストールできます

キーコンビネーションは上記3つがありますが、通常は (macOS Sierra 10.12.4 をインストールしたことが無い場合は特に)「command(⌘) + R」が推奨されているようです。

KOU
KOU

ですので、私自身はほとんど command(⌘) + R を実行しています。

ディスクの削除には先程のmacOSユーティリティで、「ディスクユーティリティ」をクリックします。

消去したいディスクは、ここでは「Macintosh HD」です。

灰色文字になっていて、選択できませんので、まずマウントします。

左側の灰色になっている内蔵ーMacintosh HDをクリックし、「マウント」をクリックします。

パスワードが求められるので、Macにログインするときのパスワードを入力し、「ロックを解除」をクリックします。

無事マウントされると、ストレージの使用部分が青色で表示されます。(使用済みと記載されているところ)

これで「消去」がクリックできるようになるので、「消去」をクリックします。

※注意※

すべてのデータが消え(初期化されます)、後戻りはできなくなります。

「Macintosh HDを消去しますか?」と聞かれるので、「消去」をクリックします。

名前、フォーマット(APFS)は基本的にそのままで大丈夫です。

「ディスクの消去」は完了です。

macOSの再インストール

消去してスッキリしたので、macOSユーティリティに戻り、「macOSを再イントール」をクリックします。

あとは、画面に表示される手順に沿って進めていけばOKです。

「macOSの再イントール」は完了です。

長くなりましたが、以上です。

売却する際は、漏れがないように一つ一つ確実にこなしていきたいですね(^o^)

お疲れさまでした(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました