macOS Catalinaでは中華Arduino互換機(CH340G)がそのまま認識された

Arduino

Amazonで売っているHiLetgoのこれ

Bitly

ArduinoのUSBシリアル通信部分にはATmega16U2やFT***が使われていて、これらはMacでも標準で認識しますが、安いArduino互換機に使われているCH340Gは別途ドライバを当てないと認識しない、という考えだったのですが、

何もしなくても認識しました

という話です(macOS Catalinaにて)

参考サイトさんにてMojaveにて別途ドライバが不要との紹介をされていたので、より新しいCatalinaでも認識するだろうと思ってやりましたらいけました。情報ありがとうございます(^^)

具体的には、ArduinoをMacに接続すると、シリアルポートに表示がでますので選択します。

私の場合は、”/dev/cu.usbserial-1420”とでました。

ボードはNano、プロセッサはOld Bootloaderとします。

ちなみに、石の表面には何も書いてませんでした(^^)

本稿とは直接関係ないですが、入力の3端子レギュレータはAMS1117-5Vを使用しています。(5V出力)

http://www.advanced-monolithic.com/pdf/ds1117.pdf

本家?はナショセミのLM1117だと思いますが、こちらは20Vまで入力できますが、AMS1117は15Vまでしか入力できませんので注意が必要です。

どちらにしろ12Vで使うには問題なさそうです。(が15Vだと結構ギリなので電源の品質が悪くてリプルが12Vを超えるようなら要注意です。)

参考

Mojaveにしたら中華なArduino互換ボードが認識されない問題
久しぶりにservo動かそうと思ったら、中華なArduino互換機「RobotDyn」が認識できないエラーで嵌ったので、その解決方法をメモ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました