Synology DS118 購入

以下記事(↓)にあるMR2200acの簡易NAS機能を使い、NASを使用していたが、Synologyの1ベイNAS DS118を購入した。

経緯、使い方等をまとめた。

記事rev

rev.0

買ったもの、用意したもの

NAS本体 DS118 2万円 購入

Synology NASキット 1ベイ DS118/JP【ガイドブック付】 クアッドコアCPU 1GBメモリ搭載 ミドルライトユーザー向け 国内正規代理店品 電話サポート対応品 DiskStation
SynologyNASに、図解で詳しい使い方を解説したガイドドブック(非売品)をセットにした商品になります。 スモールオフィスやホームユーザーのための高性能な 1 ベイ NAS サーバー ○多用途で強力かつ小型のストレージサーバー Synology DS118 は新しい 64 ビット クアッドコアプロセッサを搭載し、優...

HDD 海門 CMR 2TB 5900rmp 7,500円 購入

Seagate IronWolf 3.5" データ復旧3年付 2TB 内蔵HDD(CMR) 3年保証 6Gb/s 64MB 5900rpm 24時間稼動 PC NAS向け ST2000VN004
型番:ST2000VN004 Seagate シーゲイト 内蔵ハードディスク IronWolf NAS 2TB ( 3.5インチ / SATA 6Gb/s / 5900rpm / 3年保証 ) 正規輸入品 IronWolfドライブは一般家庭、SOHO、および中小規模企業向けの1から8ベイのNASエンクロージャに最適化さ...

USB3.0外付けHDDのケース 3,000円 手持ち

玄人志向 HDDケース(マットブラック) 3.5型対応 USB3.0接続 電源連動機能付きで消し忘れを防止/玄人志向オリジナルハードディスクケースユーティリティ付き GW3.5AA-SUP3/MB
PC電源連動 省電力機能搭載 SATA接続USB3.0対応 ハードディスクケース マットブラック。

外付けHDDケースの中のHDD 2TB 手持ち

この記事で紹介している

BuffaloNASのHDDを流用

用途・要求

  • パソコン外の大容量データ保管庫
  • Windows,Mac,Linuxがある
  • どのデバイスからも接続可能とする
  • iPhoneの写真をバックアップ
  • 劣化なしで
  • 消費電力をできるだけ減らす
  • 寿命を伸ばす

NASの運用方法

  • 1ベイNAS + USB外付けHDDにバックアップ
  • 不在時は電源OFF
    • 帰宅時に電源ON
    • 消費電力を減らす、寿命を伸ばすため
    • 電源ボタン長押しで切れるのでそんなに面倒ではない
    • デスクのすぐ横に置いてあるので、アクセスは簡単
      • 遠くに置いてある人なら面倒かも
    • バックアップが1時間ごとなので、それが動作していないことを見計らって実施

この構成のデメリット

バックアップ(1時間毎)までの間にNASのHDDがお亡くなりになった場合にデータ欠損が生じる

  • しょうがない 諦める

デメリットの解消方法 → 不採用

  • 2ベイでRAID1 + 外付けHDDにバックアップ
    • HDDのロットを変えれば(購入時期をずらせば)、RAIDのHDDの同時故障は回避可能

消費電力が増えるし、場所も取るし、そこまでの構成は不要と判断

不採用

検討(時系列)

2ベイでRAID1(ミラーリング)

  • 1台がお亡くなりになってももう一台が生き残ってデータ欠損なし
  • つまりバックアップをイメージしていた(この時点で)

DS220+ (2ベイ)を購入

RAIDはバックアップにならないことを知る

  • RAIDは冗長化技術
    • システムを止めない技術
  • バックアップではない
  • RAIDはやめた

DS220+ でBasic設定(RAIDではなく)とし、別々のドライブとして使うことを検討

  • せっかく DS220+ を買ったので
  • もくろみ
    • 一つはメイン、もう一台はバックアップ用
    • ハイバーネーション機能で不使用時はスピンダウンさせHDDをスリープ
      • 消費電力、寿命的、音の低減のため
      • バックアップ用HDDはバックアップ時だけ起きてほしく、普段はスリープ(スピンダウン)してほしかった
  • しかし DS220+ は2台HDDを個別にスピンアップ、ダウンができない
    • 同時スピンアップ、ダウンのみ
  • USB接続HDDなら別でスピンアップ、ダウンできる

1ベイ+ 外付けHDDにバックアップの構成で検討

  • DS220+ + 外付けHDDにバックアップ
    • でも可能だが、消費電力が更に増加
    • と、上記の理由で却下
  • DS220+ は要らない
    • 返品した
  • 1ベイのDS118を購入
    • https://amzn.to/3FRh97I
    • 外付けHDDは必要なときだけ起動可能
    • 1ベイはそもそもラインナップが少ない
      • 需要少ない?
    • 2機種あり
    • CPUが良さそうなDS118とした

ハイバネーションしない

使用するアプリ(Synology photos)の影響(多分)でハイバーネーションしないので、不要な時は電源オフ

参考:https://kb.Synology.com/ja-jp/DSM/tutorial/What_stops_my_Synology_NAS_from_entering_System_Hibernation#x_anchor_id5

USBデバイス:ユニットにUSBデバイスが接続されている場合。

  • USBを使っているのも原因かもしれない

電源管理スケジュールは? → 不採用

  • ハイバネーションの代わりに電源管理スケジュールを使えば、不要なときは自動でHDDを止められるのでは
    • 目的は消費電力の低減と寿命を伸ばすことなのでこれでもよい
  • 外付けHDDにバックアップ途中でも強制的にシャットダウンしてしまうので却下

DS118はBtrfs非対応

どの Synology NAS モデルが Btrfs ファイル システムをサポートしていますか? - Synology ナレッジセンター
Synologyナレッジセンターは、よくある質問への回答、トラブルシューティングの手順、ソフトウェアチュートリアル、必要なすべての技術ドキュメントを提供します。
  • BtrfsはDS118は非対応。DS220+は対応
  • Btrfsを使用したかった理由

HDDのフォーマット

外付けHDDへのバックアップ形式

参考:https://tomo256.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

ちなみに、「ローカルフォルダ&USB(単一バージョン)」かつ、NTFSでフォーマットした外付けHDDなら、バックアップしたファイルをWindowsでそのまま見たり開いたりする事もできます。

「ローカルフォルダ&USB(単一バージョン)」とした

コメント

タイトルとURLをコピーしました