別PCでHugoするときの注意点

別pcでもブログの執筆をするために別pcに git cloneしたが、 hugo server -Dでエラー git submodule update --init --recursive を実行 Hugo ビルドエラー対応 found no layout file | infraya.work またhugoのversionは揃える必要あり hugo server -Dで http://localhost:1313/にアクセスしてもPage Not Foundとなった

2023/08/26 Â· Last updated on 2023/09/10 Â· 1 min Â· 27 words

hugo papermod

HUGO Version # hugo version hugo v0.118.2-da7983ac4b94d97d776d7c2405040de97e95c03d+extended darwin/amd64 BuildDate=2023-08-31T11:23:51Z VendorInfo=brew theme選び直しの方針 robustを使っていたが気分転換 サムネイル画像いらない 記事リストは一覧で theme案 mini https://nodejh.com/hugo-theme-mini/posts/ アーカイブ、タグ、disqus、アナリティクスあり 検索なし papermod https://adityatelange.github.io/hugo-PaperMod/ 検索あり disqusあり 更新頻度高 hobor https://themes.gohugo.io/themes/harbor/ 検索あり 日本人作成 更新滞り アイコンがまる stack https://themes.gohugo.io/themes/hugo-theme-stack/ 良い感じ papermodにした 参考 : Installation · adityatelange/hugo-PaperMod Wiki method1(git clone)にした netlifyでデプロイ 参考 : [hugo] HugoとGitHubとNetlifyで静的サイトを簡単に作成 netlifyでgitのリポジトリを追加する(認証) netlify設定 build command : hugo publish directry : public netlify.toml をルートに追加 内容はrobustでの設定そのまま themeはgit cloneなので上記サイトを参考にする .gitmodulesをルートに。 lastmod の表示 Add “Last Edited” to posts · adityatelange/hugo-PaperMod · Discussion #775...

2022/08/25 Â· Last updated on 2023/09/04 Â· 1 min Â· 151 words

HUGO robust に Google AdSense の広告を設定

自動広告 Google AdSense - 「広告」 - 「サマリー」 の 「サイトごと」タブ ドメイン名(atooshi-note.com)右横の鉛筆マーク(編集)をクリック 広告設定のプレビューが出るので、好みになるように調整 私は広告のフォーマットは「ページ内広告」のみにした 「コードを取得」を押してコードをコピー これ themes\hugo_theme_robust-master\layouts\partials\meta.html 場所変更↓(2022/09/08) layouts\partials\meta.html にそのまま貼り付ける 固定広告 固定広告も設定 Google AdSense - 「広告」 - 「サマリー」 の 「広告ユニットごと」タブ、「ディスプレイ広告」を選択 プレビューをみて広告タイプを決めたら作成してコードをコピー 広告を表示する場所は、記事の本文前後(参考サイトさんそのまま)とする コピーしたコードを以下に貼り付ける themes\hugo_theme_robust-master\layouts\_default\summary.html 場所変更↓(2022/09/08) layouts\_default\summary.html 参考 ありがとうございます! https://www.ame-kuma.com/post/site02/ ads.txt 以下のような注意がでましたので対策しました 要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 ads.txt をダウンロードし、 static 以下に配置します 参考 ありがとうございます!

2022/06/25 Â· Last updated on 2023/09/22 Â· 1 min Â· 49 words

[Python]AmazonアソシエイトをHUGOブログに貼るのを少し簡単に

HUGOの記事にamazonアソシエイトリンクを貼る際に、取得したリンクを加工するのが面倒だったので、pythonで書きました tkinterでGUIにしています なんてことはない、中身は文字列を切って貼ってをしているだけです コマンドで起動するのは面倒なので、バッチファイルで起動するようにしています 作ろうとしているリンク こんな見た目 古風だけど自分はこれが好き 実際のリンクはこれ↓(リンク切れていたらスミマセン) 使い方 「Amazonアソシエイトツールバー」の「テキストと画像」タブを開いて、生成されたリンクをコピー(下画像の「これをコピー」部分) pythonプログラムを起動するとこれが現れる↓ コピーしたリンクをそのまま貼り付ける エンターキーを押すと、クリップボードにコピーされる 記事内に貼り付ける コピーされた文字列例↓(表示の都合上、先頭の{は全角になっていますが、実際は半角{です) {{< Amazon src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=アソシエイトID&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B088PGN64G&linkId=2ef7d1928670c9537cf1976fdc5a5b37" >}} クリアボタンを押すと消える 2回目以降は「クリップボードにコピーしました!」は消えないので注意 プログラム クリップボードを扱うライブラリー(pyclip)はインストールが必要です 表示の都合上、一部の{は全角になっていますが、実際は半角{です。使用の際は半角{に直してお使いください # -*- coding: utf-8 -*- """ アマゾンの商品リンクをhugoに貼る形に変換する エンターで変換 クリップボードにコピーされる """ import tkinter as tk import pyclip root = tk.Tk() root.geometry('500x90') root.title('Amazon affiリンク変換(hugo用)') def func(event): global label1 text1 = entry1.get() # amazon アソシエイトツールバー テキストと画像のリンク target = 'src="' # src="より後ろを抽出 idx = text1.find(target) r = text1[idx + len(target):] r = r[:-10] # 後ろの ></iframe> を削除 r = 'src="' + str(r) # 整形 r = '{{< Amazon ' + r + ' >}}' # 整形 pyclip....

2022/06/23 Â· Last updated on 2023/09/23 Â· 1 min Â· 135 words

HUGO ROBUST 設定

HUGOの設定を掲載します。 自分の備忘録要素が強いのでHUGO以外の周辺設定も含みます。 2023/08/03 変更 githubに公開しました 2023/06/25 変更 googleAnalyticsのGA4対応 やっと対応 config.tomlを弄るだけで済みました disqus無効化 config.toml全容 githubでご確認ください wordpressからの移行 もともと、HUGO導入はlifehack.jpのこちら↓の記事がきっかけです https://lifehacking.jp/2020/05/goodbye-wordpress-hello-hugo/ wordpress to hugo exporter を使ってざっくり変換し、微調整はpythonでスクリプトを書いて対応しました テーマ robust テーマはrobustを利用させていただいてます git clone ではなく、ダウンロードしています。 最初はgit clone でテーマを引っ張ってきましたが、コミットできず、エラーがでたのでやめました。 そもそもgitを使い慣れていませんので、zipをダウンロードして置き直しました。 これでコミットできたのでそのままとしています。 robustのサムネイル画像 static/images に配置 記事のサムネイルは、フロントマターの thumbnail で指定できます。 指定しないと、デフォルトのサムネイルが設定されます。画像ファイルは、 static/images/default.jpg に配置してください。 デフォルトのサムネイルがない場合、テーマで用意されているデフォルトサムネイルが設定されます。 テーマ選別 robust以前に試したいくつかを紹介します ananke hugoのquick startはanankeが使われています 見た目が好きじゃない サムネイル画像の指定が、frontmatterでfeatured_imageでいけ、記事と同じフォルダに置くことができる Tranquilpeak https://zenn.dev/harachan/articles/a043e9a756cae4 デザインは一番好き 解説ページが多い サムネイル表示できない featured imageだとだめ HUGO バージョン windows10,11で使用 ポータブル版 binフォルダはpathを通す # hugo version hugo v0.92.0-B3549403+extended windows/amd64 BuildDate=2022-01-12T08:23:18Z VendorInfo=gohugoio ローカルで確認 # draft記事も表示 以下のいずれか hugo server -D hugo -D server # draft記事は非表示(公開した状態と同じ) hugo server コマンドを実行したあと以下にアクセス...

2022/04/13 Â· Last updated on 2023/09/22 Â· 4 min Â· 753 words