シリアル通信をするのに別のハードを試した【Ti C2000マイコン】

今回もTiのマイコンの話です。 前回は、RAMにプログラムをロードしてLチカする例を紹介しました。↓↓ 今回も引き続き、入門マニュアルに沿って進めていますが、シリアル通信(UART)で少し躓いたので紹介しようと思います(^^) 問題 躓いたところは、入門マニュアルにある以下の記載部分です。 XDS100 JTAGのドライバがインストールされていれば、PCはこのシリアル・ポートをバーチャル・シリアル・ポートとして認識してくれます JAJA230A TMS320C2000:Piccolo MCUのソフトウェア開発入門 P.171 このように記載がありますが、私の環境ではデバイスマネージャを確認しても何も表示されませんでした。仮想ポートを認識してくれないとシリアル通信できません。もしドライバが無いのであれば、認識はして、黄色い三角形のビックリマークが出るはずなので、何も出ないところを見ると、ドライバ関連の問題ではないと考えました。 そんなこんなで、mbedでは以下の記事でシリアル通信を実施しましたが、このTiのマイコンでは苦戦してしまいました。主にハード面で。 環境 環境は前回から変わりません。 CCS9.2.0 Build 9.2.0.00013 Windows10 Pro バージョン1809 64bit controlSUITE v3.4.9 参考(入門マニュアル) TMS320C2000:Piccolo MCUのソフトウェア開発入門 http://www.tij.co.jp/jp/lit/an/jaja230a/jaja230a.pdf JAJA230A-2012年8月 小幡 智 氏著 使うマイコンなど これも前回と一緒です。 評価ボード : F28035 Piccolo Experimenter’s Kit 型名 : TMDSDOCK28035 Piccolo F2803x controlCARD 型名 : TMDSCNCD28035 R1.2 Experimenter Kitのシリアル通信手段 2つ このKitはcontrolCARDを合わせると以下2つのシリアル通信手段があります。回路図を見ると書いてあります。 回路図はここ(controlSUITEのインストールが必要) C:ticontrolSUITEdevelopment_kits~ExperimentersKitsDIM100ExperimentersKit-HWdevPkg_v2_0R3 C:ticontrolSUITEdevelopment_kits~controlCARDsCC2803xHWdevPkg_v2_0R1_2 入門マニュアルに記載してある方法はFT2232Dを使うので1の方法です。 USB-Docking-Stn(評価ボード)上のUSB UART/FIFO IC(USB-シリアル変換) U1: FT2232D controlCARD上のRS-232Cラインドライバ U5: MAX3221 + USB-シリアル変換ケーブル U1: FT2232DはXDS100v1のJTAGエミュレータであり、USB-シリアル変換コントローラです。...

2020/03/13 Â· Last updated on 2021/04/10 Â· 1 min Â· 95 words

Ti C2000リアルタイム制御32bitマイコンでLチカ

TiのC2000リアルタイム制御マイコンの勉強を始めました。 パワエレ制御専用の高性能32bitマイコンです。 専用とだけあって制御に特化した機能盛り沢山なマイコン(例えばPWMの出し方多彩、割込み豊富)ですが、まず使い方がわかりませんので、勉強していきたいと思います。 mbedやArduinoなど、開発がわりと優しめのマイコンばかり触れてきたため、定義をしっかり設定したり、レジスタを操作したりと、より深い部分を操作することは敷居が高く感じます。 まずは、開発環境であるCCS(Code Composer Studio)の導入から、電子工作分野のHello WorldであるLチカをやってみたいと思います。 具体的には評価ボードの基板(controlCARD)上のLD3(赤色)をタイマー割り込みで1秒毎に点滅させます。 早速、CCSの使い方でつまずいてましたw 環境 CCS9.2.0 Build 9.2.0.00013 Windows10 Pro バージョン1809 64bit controlSUITE v3.4.9 参考 TMS320C2000:Piccolo MCUのソフトウェア開発入門 http://www.tij.co.jp/jp/lit/an/jaja230a/jaja230a.pdf JAJA230A-2012年8月 小幡 智 氏著 この資料を参考にさせていただいております。非常に良くできた資料で、日本語の資料が少ない中、とても助かりました。 資料の作成が2012年とあり、7年前と少々古いですがCCS9.2.0でも問題ありませんでした。 資料中ではCCS5を使われてます。 記載したプログラムもこの資料から引用させていただきました。 Lチカプログラムほか、ePWM(HRPWM含む)やADコンバータなども掲載されています。 準備 CCSのダウンロード CCSは開発環境です。 参考資料ではCCS5を使用していますが、私は2019年12月時点で最新のCCS9.2.0を使ってみました。 以下からダウンロードできます。 サイズが大きく、丸ごとダウンロードするofflineインストーラとインストールしながらダウンロードするwebインストーラの2種類がありますが、どちらでも構いません。 controlSUITEのダウンロード controlSUITEはヘッダーファイルやサンプルや回路図などの情報をまとめたアプリケーションです。 データシート、リファレンスノート、回路図、その他資料、さらにはそれらのバージョン管理などをユーザーが管理していましたが、それでは大変なのでTiがまとめてくれたのがこれです。 以下からダウンロードできます。 プログラムを動かすには、controlSUITEをインストールしてできるフォルダ(ヘッダーファイルや、その他重要なデータ)をワークスペースにコピーする必要がありますので、インストール必須です。結構重いですが。 また、評価ボードの回路図もcontrolSUITEのフォルダに入っています。 使うマイコンなど 評価ボード : F28035 Piccolo Experimenter’s Kit 型名 : TMDSDOCK28035 このベースのボードは様々なcontrolCARDを挿せるようになっています。 今回は28035のcontrolCARDがセットになった実験用キットを使用します。 日本語と英語のページの情報が若干違うので、両方リンクを載せておきます。 動作確認の時、ベースボードの何pinに出力するか確認したいですが、ベースボードのシルク印刷が対応しています。 つまり、GPIO0を確認したいならシルクでGPIO00のpinを当たれば良いです。(シルクは「00」と書いてあります) 回路図、部品表、基板図面はcontrolSUITEをインストールした時の以下のフォルダにあります。 C:\ti\controlSUITE\development_kits~ExperimentersKits\DIM100ExperimentersKit-HWdevPkg_v2_0\R3 また、PCとはUSB接続しデバッグしますが、このボードのエミュレータは以下です。CCSの設定時に必要になります。上記の英語のリンクに書いてあります。 On-board XDS100v1 JTAG debug probe Piccolo F2803x controlCARD 評価ボードとセットになっている controlCARDです。...

2019/12/21 Â· Last updated on 2019/12/21 Â· 4 min Â· 647 words