BootCampでWindows10となったUSキーボードのMacの左右commandキーでかな英数を切り替える(インストール不要のAutoHotkey使用)

ダサいシールを貼っております。 MacBook Air late2018を使っていますが、Windowsも使いたいので最近Windows10をBootCampでインストールしました。 USキーボードなので、スペースキーの横はかなキー、英数キーではなくcommandキーが2つです。 そこで問題になるのが、かな英数変換。 macOSとして使う場合は、Karabinerを使って左右commandキーでかな英数変換をしています。 で、Windowsとして使う場合も同じように左右commandキーでかな英数変換ができるようにしました。 環境 MacBook Air late2018(BootCamp Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)) USキーボード google日本語入力 2.25.3700.0 AutoHotkey 1.1.33.02(July 17, 2020) 実現する方法 もう上に書いちゃってますが、今回もAutoHotkeyを使って実現します。 一発でやってくれるソフトとかあるかもしれないですけど、調べる前にAutoHotkeyでやっちゃいました笑 問題点 紹介する方法(というかプログラム)では問題点があります。 Windowsキーが使えなくなります。 左右のcommandキーはBootCampではWindowsキーとして認識しています。 このため、commandキーを別キーに割り当ててしまうためWindowsキーとして認識しなくなるわけです。 私は、Windowsキーを使わないと割り切ったので、良しとしました(Win + Eで新しいエクスプローラを開くショートカットが使えなくなるのは惜しかったな・・・) 手順概要 2ステップで行います。 左commandキーを無変換キー、右commandキーを変換キーに割り当てる(AutoHotkeyを使用) 無変換キーをIMEオフ(英数)、変換キーをIMEオン(かな)に割り当てる(google日本語入力の設定画面で行う) ステップ1 まず、AutoHotkeyを入手し、使える状態にします。 プログラムは以下です。 テキストエディタにコピペしてください。 ;2020/11/22 ;Macbook Air US-keyboard ;問題点 : Windowsキーが使えなくなる #InstallKeybdHook #USEHOOK sc15b Up::Send,{vk1D} ; 左commandキー(LWinキー) → 無変換キー sc15c Up::Send,{vk1C} ; 右commandキー(RWinキー) → 変換キー ;vk5b Up::Send,{vk1D} ;これでもOK ;vk5c Up::Send,{vk1C} ;これでもOK #USEHOOK off ;sc15b vk5b LWin : 左commandキー(左Windowsキーとして認識している) ;sc15c vk5c RWin : 右commandキー(右Windowsキーとして認識している) ;vk1D : 無変換キー ;vk1C : 変換キー ; ";"はコメントです。 MacBookAir_US....

2020/11/22 Â· Last updated on 2020/11/22 Â· 1 min Â· 95 words

LaVie Z LZ550MSSをWindows10にしたらタッチパッドのドライバが無くなったので別のを当てて動作!

軽い、薄いのLaVie Z LZ550MSSです。少々古い機種ですが、まだ使えます^_^ メインバッテリーも死に、充電ができないので電源コードを引っこ抜くと電源が落ちます。(このシリーズはバッテリーがどうもダメみたいですね) 軽量デスクトップとなりました・・・ そんなLaVie Z LZ550MSSにも生きる道、Windows10です。(もともと7) なんにも考えずにクリーンインストールしたらドライバも全部消えてしまいました。 Double Driverでバックアップしとくべきだった・・・・ もれなくタッチパッドのドライバもなくなり、二本指スクロールや拡大などができなくなりました。 一応標準ドライバが当たってて動作はします。 が、元々あった機能が使えなくなるのは不便です。 ですので、タッチパッドのドライバをあてます。 ですが、ドライバは探しても全然でてこない。NECには無さそう。 Lenovo用のSynapticsドライバを当てたら動いたという記事を見つけたので、試しにやってみたらLaVie Z LZ550MSSでも動きました。やったね☆ 感謝(_ _) ドライバのダウンロード 以下からドライバをダウンロードします。 ドライバの展開 ダウンロードしたインストーラを実行すると、以下のフォルダにドライバが展開されます。 c:driversTouchpad Driver (Elan, Synaptics) あとでドライバを当てる時に指定しますので覚えておきます。 ドライバを当てる Windowsマークを右クリック → デバイスマネージャー(M)を選択し、デバイスマネージャーを開きます。 標準PS/2ポートマウス をダブルクリックして開きます。 ドライバー タブを開き、ドライバーの更新(P)を開きます。※画像がすでにSynaptics Pointing Deviceとなっていますが、ドライバーを当てたあとにこのスクショをとったためです。 コンピューターを参照して・・・・ を開きます。 利用可能なドライバーの一覧から選択します を開きます。 互換性のあるハードウェアを表示のチェックを外して、ディスクを使用 を開きます。チェックを外すと表示が変わります。 参照 をクリックします。 先程展開したドライバーのフォルダを選択し、SynPDを選択して開くをクリックします。Synapticsのフォルダなのでお間違えなく! OK をクリックします。 ドライバーが読み込まれますので、次へ をクリックします。 警告がでますが、気にせず進めます。はい をクリックします。 これでドライバーを当てることができました。閉じる をクリックします。パソコンを再起動します。 再起動後、再びデバイスマネージャーを見ると、標準PS/2ポートマウスがSynaptics Pointing Deviceに変わっていることがわかります。 ドライバーの設定 続いて、ドライバーの設定をします。 コントロールパネルでハードウエアとサウンドをクリックします。 マウス をクリックします。 デバイス設定のタブがSynapticsになっています。設定 をクリックします。 タッチパッドのコントロールパネルが開きます。必要なところにチェックを入れて完了です! 2本指スクロールとピンチインアウトのズームが目的でしたので、ここではマルチフィンガータブの2本指タブで、垂直スクロール、ズームにチェックを入れました。ついでに回転にもチェックしています。...

2020/01/18 Â· Last updated on 2020/01/18 Â· 1 min Â· 71 words

Apple Keyboard(有線)の未使用キーにAutoHotkey(インストール不要)を使ってスクリーンショットを割り当て

前回、AutoHotkeyを使って、Apple Keyboard(有線)のかな英数キーに変換、無変換を割り当てました。 前回の記事はこちら↓ 今回は、未使用キーにスクショを割り当ててみました。 スクショは割と多用しますが、Apple KeyboardにはWindowsキーボードにあるプリントスクリーンキーはありませんし、当然、Macで使うプリントスクリーンのショートカットも使えません(WindowsでMacのキーボードを使っているだけなので当然ですが)。 ノートPCにApple Keyboardをさして使っていますが、スクショのたびにノートPCを開くのはダルいので、今回の割り当てを思いつきました。 未使用キーとしては、F13とF14です。 F13には全体のスクショ(通常のプリントスクリーン) F14にはアクティブウィンドのスクショ(Alt + プリントスクリーン) を割り当てます。 環境 Windows10 Pro バージョン1809 64bit AutoHotkey_1.1.30.03(AutoHotkeyU64.exe) Apple_keyboard_wired.ahk 結果から。 以下のプログラムを書き込めば、動作します(^^) 前回記事を適用されている方は、この内容に上書きすれば、かな英数とスクショが動作します。 AutoHotkeyの導入などは前回の記事を参考にしてください(^^) ;2019/08/31 ;2019/12/09 updated #InstallKeybdHook ;Apple_keyboard_wired #USEHOOK ;Macの英数キーをWindowsの無変換キーに割り当てる sc071 Up::Send,{vk1D} ;MacのかなキーをWindowsの変換キーに割り当てる sc072 Up::Send,{vk1C} ;MacのF13キーをWindowsのプリントスクリーンキーに割り当てる sc064 Up::Send,{PrintScreen} ;MacのF14キーをWindowsのプリントスクリーンキーとAltの同時押しに割り当てる(複数キー) ;アクティブウィンドのスクショ *sc065 Up:: SetKeyDelay -1 Send {Blind}{ALt Down} Send {Blind}{PrintScreen} Send {Blind}{ALt Up} return #USEHOOK off ;sc071 : macの英数キー ;sc072 : macのかなキー ;vk1D Windowsの無変換キー ;vk1C 変換キー ;sc064 : macのF13キー ;sc065 : macのF14キー ; ";"はコメントです。 Apple_keyboard_wired....

2019/12/11 Â· Last updated on 2019/12/11 Â· 1 min Â· 140 words

Windows10のOSバージョン、ビルド番号の確認方法

Window10のOSバージョン、ビルド番号確認方法です(^^) ちょっとしたことですが、よく忘れるので自分も確認できるように記事にしました(^^) 確認方法 「Windowsマーク」→「設定⚙マーク」の順にクリック 「システム」をクリック 下の方の「バージョン情報」をクリック 「Windowsの仕様」欄にOSバージョン、ビルド番号が記載されています。 OSバージョンは 1809 、ビルド番号は 17763.805 と確認できました。 以上です(^^)

2019/11/26 Â· Last updated on 2019/11/26 Â· 1 min Â· 13 words

Apple Keyboard(有線)をWindows10でAutoHotkey(インストール不要)を使って、かな英数キーで変換

2020/11/22追記 これは会社のPCで活躍していたのですが、会社PCのWindowsアップデートが入りまして1909になりました。 そして調子がおかしくなりました。MicrosoftIMEだと問題ないですが、Google日本語入力だと使えないです。 これ↑によるとImeOnとImeOffが実装されたようですが、これが原因だと思っています。 AutoHotkeyでも拾えてなさそうだったので、Google日本語入力(たぶんMicrosoftIME以外全部?)で認識してません。 AutoHotkeyでキーが拾えなくなったとなると、すぐに対策が浮かばないので、対策は検討中です。 Google日本語入力で使うのは一旦諦めて、MicrosoftIMEで使うことにしています MicrosoftIMEだと「今日」と入力して今日の日付を出してくれないのが地味にきつい・・・ 追記終わり 本題 Apple Keyboard(有線)をWindows10で使い、かな英数キーでかな、英数変換する方法です。 Macのキーボードって打ちやすいですよね。このキータッチが好きで、Macのキーボードをwindowsでも使っています。このキーボードを使うからには、やはり使いたいのは”かな”キー、”英数”キーでかな、英数変換です。これが使えないと嬉しさ半減です。そのままでは使えないので、ここでは使えるようにする方法を紹介します(^^) 実現にはAutoHotkeyを使用します。 環境 Windows10 Google日本語入力 Apple Keyboard テンキー付き 有線(モデル名:A1243) AutoHotkey (ver 1.1.30.03) Apple Keyboard テンキー付き 有線(モデル名:A1243) 下準備 あらかじめGoogle日本語入力のIMEで、変換無変換をmac風にしておく必要があります。 以下の記事を参照して設定してください^_^ 導入 AutoHotkeyとは AutoHotkeyはスクリプト言語です。名前から判りますが、元々キーボードのショートカットキーをカスタマイズするために生まれました。 なのでキーボード制御が得意です。 今は機能がたくさん実装され、コミュニティも大きくなったので1つのスクリプト言語として区別されるようになりました。 これで、Apple Keyboardの”かな”キー、”英数”キーにIMEのオンオフを割り当ててみます。 AutoHotkeyのダウンロード(インストール不要) 以下の公式サイトを開きます。 2019/08/30時点の最新バージョンは 1.1.30.03 で、紹介する私の環境も同じバージョンです。 “Download”を押します。 “Download Current Version”を押すと、AutoHotkeyのインストーラがダウンロードできますが、今回は、インストールが制限されている職場のPCなどを想定して、インストール不要の実行ファイル郡を導入してみます。 “Other Versions”を押します。 “Download AutoHotkey.zip”を押します。 デスクトップなど、好きな場所に保存して解凍すると、以下のファイルたちが現れます。 かな英数変換を実現するファイル(Appl_keyboar_wired.ahk)の作成 かな英数変換を実現するファイルを作っていきます。 といっても、難しくはないので、以下のように進めてください(^o^) 空いているところで右クリックし、”新規作成”→”テキストドキュメント”でテキストファイルを作成します。 開いたテキストファイルの中に、画像のように以下の文をコピペしてください。 ;2019/08/31 #InstallKeybdHook ;Appl_keyboar_wired #USEHOOK sc071 Up::Send,{vk1D} sc072 Up::Send,{vk1C} #USEHOOK off ;sc071 : macの英数キー ;sc072 : macのかなキー ;vk1D 無変換キー ;vk1C 変換キー ; ";"はコメントです。 Version1....

2019/08/31 Â· Last updated on 2020/11/22 Â· 1 min Â· 158 words