Windows日本語キーボードの変換、無変換キーでmac風のかな、英数変換を実現(Google日本語入力)

Windows

Windows日本語キーボードの変換、無変換キーでmac風のかな、英数変換を実現(Google日本語入力)する方法です(^o^)

とても快適なのでぜひ設定してくださいね。

Windows10の2019秋の大型アップデートでこの機能が標準でトグルできるようになりますね。やっぱり便利だから標準機能に盛り込まれましたね。(MicrosoftIMEの場合なので、google日本語入力を使う限りは関係ないです)

アップデート前でしたらこの記事が有効です。御覧ください(^o^)

USキーボードでも実現できます。以下を御覧ください。

環境

  • Windows10(日本語キーボード)
  • Google日本語入力
  • Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard

実現する方法

Google日本語入力のキー設定を少しいじるだけで実現できます。

以下のように割り当てます。

  • 無変換 IMEオフ
  • 変換  IMEオン

以下では、スクショを交えて説明していきます(^o^)

タスクトレイのGoogle日本語入力のアイコンの横の記号(ここでは”A”となっています)を右クリックします。

プロパティをクリックします。

キー設定→キー設定の選択欄で、”編集”をクリックします。

すると設定欄が出てきます。数カ所修正するので、”入力キー”部分をダブルクリックしてソートしておきます。

以下のように変更します。

Henkan : 変換中、変換前入力中、入力文字なし、直接入力のコマンド部分を”IMEを有効化”に変更

Muhenkan : 変換中、変換前入力中、入力文字なしのコマンド部分を”IMEを無効化”に変更

”OK”、”適用”、”OK”をクリックして終了です。

導入の理由

こちらを御覧ください(^o^)

以上です(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました